ワタナベ皮膚科

医療法人社団 研靖会   WATANABE Dermatology Clinic


ナローバンドUVB外来 :

ナローバンドUVB療法は従来のPUVA療法と同等の効果があると報告されていますが、PUVA療法のようにソラレンを必要とはしません。そのため、治療後の遮光などが不要になり、欧米では広く普及しました。日本でも皮膚科領域ではこれらの疾患に対する一般的な治療方法としてここ10年ほどの間に急速に普及してきました。 また従来の器械と違い1800mmのランプを採用することにより、一度に照射出来る面積が増え、照射時間も短縮されました。

乾癬・類乾癬・掌蹠膿疱症・アトピー性皮膚炎・白斑・菌状息肉症に保険適用がありますが、そのほか慢性痒疹などにも効果があります。

今までの紫外線療法と比較して、薬の塗布や内服を必要としないこと、治療効果が高いことなど、有用性、簡便性が飛躍的に改良されました。ただし、はじめの内は1週間に2~3回の照射が必要です。 当院では7時までの診療を行っている日がございますので通勤帰りにもご活用いただけます。

ナローバンドUVB UV100L