ワタナベ皮膚科

医療法人社団 研靖会   WATANABE Dermatology Clinic


皮膚腫瘍外来 :

最近皮膚にしこりができてきた、ほくろのようなものが大きくなってきた、などの症状は皮膚腫瘍と呼ばれ、大まかには良性と悪性に分類されます。良性であっても徐々に大きくなり美容的に問題が起こる場合や、種々の皮膚のトラブルの原因になることもあります。悪性であればこれは大問題です。急に大きくなってきた、色が濃くなってきたなどの変化は要注意です。
当院では皮膚の腫瘍の診断にダーモスコープという拡大鏡を使用して、診断をしています。外来での小手術は、なるべく傷の残りにくい手術法を選択するよう心がけています。入院が必要な場合は近隣の大学病院で手術を行います。 気になるできものがございましたらお気軽にご相談ください。

<手術例>

  • 粉瘤―へそ抜き法
  • ほくろ―くりぬき法
  • 瘢痕―Z形成術
  • 脂漏性角化症(老人性いぼ)―冷凍凝固摘出術(液体窒素療法)
  • 難治性のウイルス性いぼ―電気メスによる焼灼
  • 頭部の瘢痕による脱毛症―後頭部からの植毛
  • など

    手術の症例はこちら>>

    ダーモスコープ